最新のお知らせはコチラから >>

ダイエット中に食欲が…そんなときこそプロテインを活用するのだ!

ダイエット

ダイエットを始めるにあたって、何から手をつければ良いのか判らない人って多いと思います。もちろん私もそうでした。そんな時はある程度のルールを作ってやる必要があります。

はい、どーも、
ごーじん(@smil3jane)です。

前回の独り言 で、私はダイエットの失敗、というか休憩、というか、まあ、リバウンドというか……目標を失ってしまい自暴自棄になった──というお話をしましたよね?(そんな話だっけ?)。

で、

今回は初心にかえって、もういちど、ダイエットの基本、そしてダイエットに必要不可欠なアイテムについて考えていきたいと思います。

ダイエット3つの基本

先ずは基本をおさらいします。

1. 食事

基本的には、食べすぎないようにしなければならないけど、まったく食べないのはいちばんダメ!です。

単に摂取カロリーを抑えるだけでは、リバウンドしやすい体になってしまうだけです。痩せるためにも栄養は必要なのですから、食事の量を減らしすぎるのはNGなのです。

じゃあ何を食べたら良いのさ?──って話なんですけど、

・タンパク質
・食物繊維
・ビタミン&ミネラル

このあたりを気にするだけでオーケー。

色々と覚えることが多すぎると、萎えちゃうでしょう? だから、これだけに意識を集中させるのです。他の栄養素は、まあ、いろいろと食べていれば勝手に摂ってることになるので、もう考えない。

特にタンパク質は、最低でも体重グラム(70kgの人は70g)を目標に摂ること。……ですが、これがけっこう難しい。運動を多めにする人は、体重の1.5〜2倍gくらい必要。

2. 運動

所謂、筋トレ というやつです。が、そんな大袈裟に考えなくても大丈夫。スクワットをやればいいです。お尻と太腿の筋肉は大きいので、エネルギーを必要としています。そこを鍛えることによって、太りにくい体にしてやるのです。

ウォーキングも良いけど、程々に。痩せるのは間違いないけど、筋肉も同時に痩せるので、……まあ、程々に。

3. 水分補給

水分はしっかり摂ること。普段から飲む癖のある人は良いですが、あまり飲んでいない人は、それに慣れるところから始めます。普通の生活パターンの人で、いちにち2リットル目標くらい。

 


もっとも重要なのは1の食事です。特にタンパク質を必要なだけ、しっかりと摂取することが、健康的な、正しいダイエットに繋がります。

ダイエットに必要不可欠なアイテムとは、プロテインのことであります

はい、それではダイエットをするために必要不可欠なものを……い、言ってもいいですか?(言えよ!)。

あ、もうばーんっとタイトルで言っちゃってますね。

そうです。ダイエットに必要不可欠なアイテムとは、プロテインのことです。ここで言うプロテインとは、サラサラした怪しい粉のことです。水や牛乳や豆乳やトマトジュースなどに混ぜて飲みます。

あ、これ、必要不可欠と言ってはいるけれど、必要じゃない人もいるので注意。プロテイン(=タンパク質)を、食事だけで摂れてる人は、粉のプロテインなんて要らないです。

でもね、食事だけで必要な量のタンパク質を摂取するのって、けっこうな無理ゲーなのですよ(涙)。だって、食べ物にはタンパク質以外の栄養も含まれているわけじゃないですか。糖質とか脂質とか……そうなると、「よし、いちにち分のタンパク質を摂取できたぜ!」って頃には、たいてい他の栄養を摂りすぎてるのですよ。

で、太るのです。

食事だけでタンパク質を摂取するのは難しい…

そこで、登場するのが、プロテインです!

これは常備しておいた方が良いです。というか、常備して。オススメは後から紹介するけど、とにかく役立つから常備しておいてください。

食事の補助にも、おやつにもなることを考えたら、そこまで財布を脅かすものではないです。

なぜタンパク質が必要なのか?

タンパク質をキッチリ摂る理由は2つあります。ほんとうはもっとあると思うけれど、覚えておくのは2つだけ。

1. 細胞の材料である

これは重要。肌だって髪だって爪だって筋肉だって、とにかく、何でもかんでもタンパク質で作られているのです。その材料が少なくては、カラダはどんどん劣化していきます。

2. 血糖値を上げない

ダイエットの基本のひとつに『血糖値を急激に上げない』というのがあります。これはダイエットをしていない人も気を付けることです。そのメカニズムは面倒なので説明しませんが(←)、ベジファースト(野菜→タンパク質→その他の順番で食べようぜ!)が有名なのは、そんな理由です。

ダイエッター的には、野菜とタンパク質で腹を満たしてやれば、余計なものは少なくて済むぜ!──くらいに覚えておけば良いです。あと、血糖値を急上昇させなければ、急激な空腹に襲われることがありません。つまり、余計なものを欲しくならないのです。

考え方

お腹が空いたらプロテイン。

プロテインを活用する

基本的には先ほど言った、

お腹が空いたらプロテイン。

という考え方で正解です。

無性に炭水化物を食べたくなったり、甘いものを欲しくなったりするときってありませんか?……それ、タンパク質が足りていない証拠です。

タンパク質をしっかり摂る──これが今回いちばん言いたかったことです。それをダイエット最初のルールに決めてやるのです。

自分にも言い聞かせています。もちろんプロテインは常備してあります。「お腹が空いたらプロテイン」──呪文のように唱えましょう。

飲むタイミングは?

飲むタイミングは、

お腹が空いたとき

……で、終わると怒られそうだから、真面目に言います!

と、思ったけど、特にルールは無いのです。

いちど、何も気にせずに生活をしたときに摂取できたタンパク質の量を計算してみてください。成分表をしっかり見る癖をつける意味でも。大抵のものは、ちゃんと書いてあるハズです。

そして、不足しているタンパク質の量を計算してください。

例えば、タンパク質を100g摂取したいのに、食事からは60gしか摂取できていない……となると、40gをプロテインで補ってやることになります。プロテイン1食分=20gくらいなので、いちにちに2杯飲む、という計算です。

そこから判断して、飲むタイミングを決めてやれば良いです。

ちなみに私は、いちにちに1〜2杯ほど飲んでいます。

朝、1杯目のプロテインを飲んで、普通に生活をして、夜の寝る前に足りないと感じていたら、2杯目を飲む──という感じです。

いちどに吸収できるタンパク質の量は30gくらいなので、それを考えると、けっこうマメに摂る必要があります。おやつ代わりのプロテイン──というのも間違いではないのです。

あとさ、太る人って、寝る前に食べちゃいかんものを食べてるよね?(←お前だよ!)。そのダメなやつを食べるくらいなら、寝る前に甘めのプロテインを飲む方が1000倍くらいマシですよ(実践中)。

空腹を感じないようにするためにも、プロテインを活用してタンパク質をしっかり摂取しよう

もうね、タイトルにある通りです。

途中でもお話ししましたが、変なものを食べたくなるという欲求を消してやることが重要だと思います。それにはタンパク質が必要なのですから、ここはもう意地を張るのをやめにして、プロテインを飲むようにしましょう。

マジで変な空腹に襲われなくなるよ。

今回の記事で覚えることは次の1行だけで良いです。

プロテインを活用して、水分を多めに摂って、スクワットをする。

 

あ、もう終わって良い?

……。

オススメのプロテイン

良いと感じたプロテインを紹介します!
個人的に人工甘味料はあまり好きじゃないんだけど、それより飽きないように続けることの方が大切だから、最近は甘いものでも気にしていません。そんなに大量に摂取しているわけではないし、……ね?

味=ナチュラルというのは、味付けなしという意味です。粉ミルクみたいな感じですので。いちおう念のため(味付け用に青汁粉末とかがあると便利です)。

さ、先ずは、BODYWING(ボディウィング)のプロテイン。1kgで2,000円台なので、めっちゃ経済的です。この価格帯ではいちばんオススメ♪

下のリンクから他の味もチェックできます(大豆のソイプロテインは溶けにくいし飲みにくいので、初心者はパスで)。

そして今、いちばんオススメなのは、beLEGEND(ビーレジェンド)。ふざけた名前の商品がたくさんありますが、味も豊富でファンは多いです。値段は1kg=3,000円台でチョイ高価ですが、成分など内容を考えるとお値打ち。何より美味しいので最近はコチラを愛用しています。

下のリンクから他の味をチェックできます(商品名を笑うのはNGで)。

あと、プロテインシェイカーが必ず必要ですので、手に入れてください! 私はダイソーに売っているマルチシェイカーで済ませています(←)。

さ、プロテインを手に入れて、お互いにダイエットを頑張りましょう!


と、いうわけで今回は、以上です!

最後までお読み頂き、有難うございました。
また次の記事でお会いしましょう♪
ごーじん(​@smil3jane)でしたっ!

バイビーっ!

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました